ビルメンのお仕事-ビル管とは? - びるかん!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビルメンのお仕事-ビル管とは?

ビル管法

a0002_004780.jpg


本当の呼び名は『建築物の衛生的環境の確保に関する法律』
不特定多数の人々が利用する建築物の室内環境を衛生的に保持するための管理を行う基準。
 
これは日本国憲法第25条に規定されている
『すべての国民は、健康的で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。』
『2 国はすべての生活面において、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に
つとめなければならない。』

という基本概念に基づいて、実際に管理を実施するための法律なんですね。

ということで、ビル管理法に定められている環境基準と設備基準に沿った管理を担当する
『建築物環境衛生管理技術者』
通称ビル管理技術者、ビル管理士、さらに略してビル管とよばれる建築物の環境衛生の
維持管理に関する監督等を行うが人(資格)が必要になってくるんです。

実務内容としては、建築物における環境衛生上の維持管理に関する実務として
 ・空気調和設備管理
 ・給水・給湯設備管理
 ・排水設備管理(浄化槽法第2条第1号に規定する浄化槽の維持管理を含む)
 ・ボイラー設備管理
 ・電気設備管理(変電、配電等のみの業務を除く)
 ・ 清掃、廃棄物処理
 ・ねずみ、昆虫等の防除

と多岐多様にわたります、また知識としては、

 ・衛生工学的知識-建物内居室の環境悪化の在室者の及ぼす影響に配慮
          するために、生理学、心理学、人間工学まで含む
          知識、室内騒音、振動、照明、臭気、有害ガス等の知識

 ・測定、検査-測定方法、測定機器の管理、取扱い、測定結果の処理など

 ・施設、設備の保守点検-各設備の保守点検や運転方法の理解、指示。
             コンピュータ導入による効率的管理。
             コンピュータに関する知識

 ・関連法令の理解-ビル管理法、建築基準法、労働安全衛生法、事務所
          衛生基準規則、水道法、消防法、その他

なんかが必要になる・・・なんていうと、いかにもその道のスペシャリティ!
とかっこいい感じがするんですが、実際は、

中央監視室とかコントロールセンターまたはエネルギーセンターとか
呼び名は色々ありますが、中央監視装置がある部屋でまったりしている仕事です。

まぁ、現場によって忙しさにもばらつきがありますがね。

仕事の内容も、現場によって多少の幅はあるんですが、
・機器の運転監視
・設備機器の点検、メンテナンス
・機器の検針
・最近は省エネの提案とかあったり

がメインなんでしょうけど、他に

・蛍光灯の交換
・トイレのつまりを直したり
・要は雑用係?

とかいう感じです。

いろいろ検索してみると、どうやらこの業界

・人間関係(人間的?)に問題あったり
・薄給だったり
・汚い仕事も多々あったりで

『底辺』
と、自他共に認めてる方が多いようです!

試しに『ビルメン 底辺』で検索するとわんさかでてきます

まぁ、幸いうちの現場は、人間関係もとりあえずは大丈夫、給料は安いけど、
なんとか家族3人でやっていけてるので、まだ良いほうなんでしょうかねぇ。

絵で学ぶビルメンテナンス入門

新品価格
¥2,310から
(2011/2/4 14:48時点)



スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

このご時世、無理難題を受け入れないとやっていけない所が
この業界のつらいところですね。
転勤前にいたホテルでは、厨房器具の整備・修理までやらされてましたし。
ミキサーやトースターの修理なんて設備の教科書には載ってませんw!
あと、個人的に持ち歩くものでは針金がお勧めです。洗面台の水栓掃除や
手の届かないところに落としたものの引き揚げ、コードの手繰り寄せと
アイデア次第で選り取り見取りです。

2011-02-06 21:01 | from 怠け設備屋

トラックバック

http://fanbel.blog135.fc2.com/tb.php/79-0177c0da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。