空きCFカードスロットを利用してCFカードのハードディスク化をしてみた。(その5) - びるかん!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空きCFカードスロットを利用してCFカードのハードディスク化をしてみた。(その5)

関連記事
ノートパソコンの容量が。
ノートパソコンの容量が。(その2)
空きCFカードスロットを利用してCFカードのハードディスク化をしてみた。
空きCFカードスロットを利用してCFカードのハードディスク化をしてみた。(その2)
空きCFカードスロットを利用してCFカードのハードディスク化をしてみた。(その3)
空きCFカードスロットを利用してCFカードのハードディスク化をしてみた。(その4)

前回、リムーバブルディスクに戻ってしまったCFカード、再度空きCFカードスロットを利用して
CFカードのハードディスク化をしてみた。(その2)を実行し、ローカルディスク化→やっぱり
PIOモードで動いている。。。

さて、次に検索で引っかかったのは、レジストリの変更!

レジストリは最悪パソコンが起動しないとかあるらしいのであまり気が進まないが
やってみることにしましょう。

レジストリの変更方法                             
 ・「スタート」メニュー→「ファイル名を指定して実行」をクリック。
 ・「regedit」と入力して「OK」ボタンでレジストリエディタを起動させる。
 ・HKEY_LOCAL_MACHINE→SYSTEM→CurrentControlSet→Control→Class→
   {4D36E96A-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} と開く。
 ・「0000」「0001」・・・とフォルダが出てくるので対象のフォルダを開き、
   右のウィンドウの「Driver Desc」が目的のHDDかを確認。(0001がプライマリ、0002がセカンダリ)
   ※「自分の場合、「0004」が「PCMCIA IDE/ATAPI Controller」なのでそれを選択。
 ・「MasterDeviceTimingMode」をダブルクリックで開く。
 ・「表記」が「16進数」を選択していることを確認。
 ・「値のデータ」欄に半角で「410」と入力(とりあえず低いモードで動いてみるか確認したかった)OK。
 ・タイミングモードを許可するために「MasterDeviceTimingModeAllowed」値も「ffffffff」に変更
 ・レジストリエディタを終了。

ここで、レジストリエディタの変更を反映させるために、Windowsを再起動させるんですが、
その前にデバイスマネージャを確認してみました。
dma.jpg
ほっほー、見事に変更されてるじゃないですか。
ちなみに、先ほどの「値のデータ」を10010にすれば「UltraDMAモード5」、8010にすれば
「UltraDMAモード4」、2010にすれば「UltraDMAモード2」となります。

さてここで、再起動してみますか。
んでまたデバイスマネージャを確認してみると・・・PIOモード!?

あんれー???変更が反映されてない。
レジストリも確認してみると戻っちゃってます。

なんで?

なんか、さらにググってみると、BIOSを変更する方法も書いてあったけど、自分のパソコンの
BIOSの設定画面と違い、変更できないし。

もうこうなったらお手上げです。

誰か教えてください!!



スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://fanbel.blog135.fc2.com/tb.php/67-7568867c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。