床にペンキ塗ってみた。(3)反省 - びるかん!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床にペンキ塗ってみた。(3)反省

反省点。

ええ、あります。

最初に大した知識が無いのに
「ペンキ塗りなんて簡単じゃね?」
となめてかかってしまったことですね。
塗装屋さんごめんなさい。

いや、塗装は実は結構やってたんですよ、昔。
ただね、配管とかの塗装だけで、床とかの広い範囲や、
合板などの木材に塗装することがほとんどなかったので
改めて塗装の難しさがわかりました。

まずはですね、マスキングっす。
ただ幅広のマスキングテープであればいいやと思い貼って
みたのですが、ハケ塗り、ローラー塗りともに、ちょっと
気が緩んだときに、壁とかにシュッとハケが触っちゃうんですね。

完璧に養生したいときにはコレがいいと思います。

養生マスカーやマスカーテープとか呼ばれるものなんですが、
ビニールフィルムのとこが広くなるのでさすがに
これなら余計なところを塗りません。

養生マスカーはこちら(楽天)

あとは、下地処理を全く行わなかったこと。
合板に直接塗るってことは、合板に塗料が染みこむってこと
なんですね。

なので、合板の本来持っている色、また染みこみ具合によって、
仕上がりに相当違いが出てきます。

2度塗りすればだいぶマシになりますが、やっぱり合板一枚一枚
発色にムラがあるのでイマイチの出来具合でした。

本格的にキレイに仕上げたければ、
ウッドパテで隙間、ビス穴埋め

耐水ペーパー等でやすりがけ

水性木部用下塗りシーラー等で下地塗り

④仕上げ塗り

と施工したほうがいいようですよ。

また、今回はローラーバケを使って塗装しましたが、
調べてみるとこういうもの

コテバケと言うんだそうですが、コレもキレイに仕上がるそうなので
使ってみたいなと思いました。

コテバケを探すならこちら(楽天)

物置なので、出来るだけ安価に、そして仕上がり具合はあまり
気にせずということだったので、今回は全然OKなんですが、
塗っているうちに、塗装の魅力にちょっと目覚めてしまいました。

次回なにか塗装することがあればちょっと気合入れて超キレイに
塗装してやろうかと思います(笑

※関連記事
床にペンキ塗ってみた。(1)材料・道具
床にペンキ塗ってみた。(2)作業
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://fanbel.blog135.fc2.com/tb.php/123-769eb7b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。